生涯研修部(生涯研修センター)

石川県社会福祉士会生涯研修センターの役割

社会福祉士は、生涯にわたって「社会福祉士としての専門性」を追求し、現実の福祉課題に対応できる実践力を身につけていくことが必要です。

当センターは、会員の生涯研修制度を推進するために、石川県社会福祉士会内に設置されたセンターです。日本社会福祉士会の生涯研修制度と連動しながら、社会福祉士としての倫理や知識、技術の水準を向上していくため、基礎研修の企画運営や分野横断的研修の企画、年間研修計画の立案等を行います。

生涯研修制度とは
 公益社団法人日本社会福祉士会生涯研修制度は、各都道府県社会福祉士会に所属する会員が社会福祉士の職務に関する知識及び技術の向上、倫理及び資質の向上のために、生涯にわたって研鑽を重ねることを支援する制度です。

生涯研修制度の体系
 生涯研修制度は、基礎課程、専門課程の2つの課程からなっています。
 基礎課程は、都道府県社会福祉士会に新しく入会した社会福祉士が必ず受講する課程としており、専門課程は、基礎研修を修了した会員がさらに研鑽を積むための課程として、自ら立てた研修計画に従い受講するものとして位置づけています。  
 専門課程は、共通研修と分野別研修で構成されています。共通研修は、社会福祉士として分野に関わらず共通に必要な事項の研修で、分野別研修は分野別の研修です。

基礎課程「基礎課程」は、入会してはじめに受けていただく研修課程です。
基礎課程は、基礎研修Ⅰ、基礎研修Ⅱ、基礎研修Ⅲの3つの課程からなり、基礎研修Ⅰから基礎研修Ⅲまでのプログラムが決まっています。基礎研修Ⅰから基礎研修Ⅲの順で受講し、3年間で受講修了していただくのが目安です。全プログラムを修了すると基礎課程修了となります。基礎課程が修了すると専門課程に進みます。
専門課程 「専門課程」は、社会福祉士であれば共通に必要な内容である「共通研修」と働く分野領域によっての専門的な内容である「分野研修」の2つの研修に分けられます
 
専門課程は、第1期専門課程、第2期専門課程という区切りをもちながら、社会福祉士である限りは研鑽を積み重ねる課程です。専門課程は、自身で研修計画を立て進めていくことになります。必要な単位数を修得したら、課程修了の申請をします。
 
なお、専門課程の研修は、基礎課程を修了し、基礎的な内容を押さえていることを前提としてプログラムされていますので、受講は原則として基礎課程を修了していることが必要になりますが、基礎課程修了前であっても、働いている分野で必要な研修について受講できるものもあります。 

スーパービジョン情報

< 案内文書 >  < 申込用紙 >

認定社会福祉士取得におけるスーパービジョンの実施について【2020年度】

1 募集期間  2020年9月16日(水)~9月28日(月) [今年度の募集は終了しました]

2 実施期間  契約締結から1年以内(目安:2020年10月~2021年8月)

3 対象者  基礎研修Ⅲ修了者で認定社会福祉士を目指す方、認定社会福祉士の方 (※2019年度にSVを申し込みし、現在実施中の方を含む方

4 定  員  8名程度

5 費  用  年間35,000円(スーパーバイザー謝金、事務局経費含む)

6 お申込み  申込書と「スーパーバイジ―の自己チェックシート」を記載にて、郵送あるいはメールで事務局までお申し込みください