石川県民の皆様へ

会長 堂田 俊樹

一般社団法人石川県社会福祉士会は、平成21年度より会員の皆様や関係者のご支援により法人化することとなりました。石川県だけでなく、北陸地区最大のソーシャルワーカー団体として県民の皆様に対し、社会福祉の向上と技術の研鑽、そして地域の社会福祉活動等にますます精進していきたいと考えております。また、本会は「社会福祉士」の職能団体です。社会福祉士の倫理を確立し、専門的技能を研鑽し、社会福祉士の資質と社会的地位向上に努めるとともに、県内の地域ブロックと協働して活動することを目的に設立されました。

さて、社会福祉は高齢化の進展や少子化など社会情勢の変化に伴い、ニーズは多様化し、社会福祉政策や施策は大きな変化をみせています。本会はこのような 社会の変化にも柔軟に対応しながら、会員の皆様と歩調を合わせ、多くの課題に力を合わせて取り組んでいく所存です。

ご存知のとおり、こども、母子、障がい、高齢者、地域、貧困、医療という従来の分野だけでなく、司法、権利擁護、更生保護、行政、学校、就労支援、教育、外国人関連と社会福祉士の活躍の場は拡大しています。また、社会福祉士事務所の開業や社会福祉事業経営等も新たな分野といえるのではないでしょうか。

今後の本会の進むべき方向としては、公益性を持つ法人という責任を持ち、真摯に社会に向け、様々な社会的な困難に苦しんでいる方々に寄り沿うため声をあげていくことでないかと考えています。一人一人の声を大きな力としてまとめ、関係諸団体と協力し、県民の福祉ニーズに対応していきます。

会員一人一人の力は小さくても、同じ道を志す仲間と協力し、参加していくことが職能団体の姿でないでしょうか。本会は、会員一人一人の思いを受け止め、自己実現の場としても機能しています。どうか、会員の皆様も積極的に会員活動に参加して、学び、助け合い、切磋琢磨し、次の世代に繋げていく活動を行っていきましょう。そして、すべての人が住みやすい地域を目指していきましょう。

会員の皆様をはじめ、関係機関・団体等の皆様、これからもご支援・ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。